オシャレな男性を目指そう

>

自分に合ったサイズの服

サイズのチェックポイント

カッコいい服でも、サイズが合わなければコーディネートに活かせません。
サイズ感を無視して、デザインを重視に服を買っている男性が見られますが、それは間違っています。
丈が短かったり長かったりしないこと、窮屈でないことなどを確認してから買ってください。
ゆったりしている服は着るのが楽で好む人が多いですが、ゆったりしすぎている服は太って見え、印象が悪くなります。

良さそうな服を見かけたら、事前に試着をしましょう。
実際に着るとサイズ感だけでなく、自分に似合うのかわかります。
ボトムスの丈が長かった時に、丈を詰めてくれるサービスを行っているお店が存在します。
その際に料金が発生するかどうかは、お店によって異なります。

どうしてもお店に行けない場合

できればお店で試着してから買うのが良いですが、お店に行く時間がなかったり、良い服を扱うお店が近くになかったりする人が見られます。
その場合は試着が可能なお店も増えていますので、通販で服を注文するのも1つの方法です。
間違えないで買うためには記載されているサイズを見て、自分が着られるのか判断することがポイントです。
肩幅が何センチ、首回りが何センチと具体的な数値を書いているサイトを使いましょう。

また、サイズを間違えた時に交換できるサイトを使うのもおすすめです。
サイズを間違えた場合の交換条件は購入してから1週間以内だったりタグを切っていなかったりするなど、サイトごとに条件が決められています。
交換する時は郵送で商品を送りますが、その時の送料は購入者が負担することが多いようです。


この記事をシェアする

TOPへ