オシャレな男性を目指そう

メンズファッションを勉強する

派手な色や柄の服は個性を発揮できますが、服同士を組み合わせるのが非常に難しいです。 メンズファッションの初心者はうまく組み合わせられないでしょうから、そのような服を避けてください。 おすすめはモノトーン系で、シンプルなデザインの服なので探しましょう。

最も基本と言われるアイテム

1着は持っておきたい、メンズファッションの基本アイテムがあります。 コーディネートのメインになりますし、困った時に助けてくれるので早めに購入しましょう。 慣れてきたら、着方を変えるのが良い方法です。 すると同じ服でも印象が変わり、オシャレ上級者に見えます。

自分に合ったサイズの服

カッコよく服を着こなすためには、サイズ感を意識してください。 どんなに見た目がカッコいい服でも、サイズ感が合わないとだらしなく見えたり、変に見えたりしてしまいます。 確実にサイズ感が合う服を買うなら、試着が必須です。 気になった服は、どんどん着て試しましょう。

基本の色と柄を意識しよう

まずは、基本的な色を覚えていきましょう。
メンズファッションの基本は黒や白、グレーなどのモノトーン系です。
そのような色を選ぶと、服を組み合わせやすくなります。
また、柄が入っていない服でも構いません。
むしろ初心者にとって柄付きの服を組み合わせるのは難しく、コーディネートが決まらない可能性があるので注意してください。

さらに基本と言われるアイテムを、1着は購入しておきましょう。
トップスはジャケットとシャツ、カーディガン、ボトムスはジーンズとチノパンを持っていると、コーディネートの幅が広がります。
それらは安く入手できるので、早めに買っておきましょう。
特にジャケットの下に襟付きのシャツを着て、チノパンを組み合わせると綺麗に見えます。
カジュアルでもオフィスでも活躍することから、多くの人に好まれているコーディネートです。
少しメンズファッションに慣れてきたら、ジャケットの着こなしを工夫しましょう。
同じジャケットでも腕をまくることで、印象が変わります。

サイズを合わせることも、メンズファッションの基本です。
服を購入する際は、必ず試着をしてください。
特に大きい服は、太って見えたりだらしなく見えたりするので危険です。
着られるなら良いという考えは捨て、サイズがピッタリの服を買いましょう。
どうしてもネットで服を買わなければいけない時はサイズを細かくチェックし、サイズを間違えて買った場合は交換できるサイトがおすすめです。

TOPへ